ツアー詳細









7月13日(土)〜16日(火) 北海道・道南の港町から奥尻島、そして函館へ【キャンセル待ち】
7月26日(金)〜29日(月)【増発しました!&キャンセル待ち】
8月1日(木)〜4(日)【更に増発しました!&キャンセル待ち】


コース概要

150_P8055103.JPG

150_P8034977.JPG

150_P8034875.JPG

150_P8024827.JPG

150_P8034981.JPG

150_P8034964.JPG










北海道の中でも、あまり訪れることが少ない道南。牧草地が続く“デッカードー”ではないですが、右手には大海原、左手には森や丘が広がる美しいところです。
北前船 (*1)によって栄えた上ノ国町や江差町、松前城とその城下町など、魅力的な街がいっぱい。そして最後は異国情緒漂う函館へ。長崎や横浜と並んで開港し、西洋建築が多く建ち並ぶステキな街を、自転車で巡ってみましょう。
もちろん、ウニを始めとする豊富な海産物にもご期待下さい(^.^)。

北前船 (*1)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%89%8D%E8%88%B9

【1日目】
新幹線で津軽海峡を渡って北海道の木古内駅(もしくは函館空港)に集合し、クルマ移動を交えながら、上ノ国をへて、江差を目指します。今も大豪邸が軒を連ねる美しい街並みに、北前船とニシンの交易による繁栄を感じられることでしょう。

ホテルにチェックイン後は、超ローカルな居酒屋に繰り出し、サッポロクラシックで乾杯! そして土地の海産物に舌鼓を打ちましょう。

<サイクリング 31q>

【2日目】
朝イチのフェリーで奥尻島に渡り、島一周にチャレンジです。奥尻の海は透明度が約25mという美しさで、「オクシリブルー」といわれています。走るごとに表情を変える海を堪能したら、標高約300mの峠越えにチャレンジします。
宿泊するのは、もちろん海鮮料理がお得意なお宿。奥尻島で獲れる天然モノの「キタムラサキウニ」は、では7月中旬〜8月中旬のわずか1ヶ月間だけ。長いトゲと、さっぱりとした甘さが特徴のウニもお楽しみに。

<サイクリング 50〜60q>
260_奥尻 37987864_10216338633167470_6196759985532174336_o.jpg

【3日目】
フェリーで江差に戻り、サポートカー移動を交えながら、松前城、松前漬で知られる松前へ。北海道の玄関口であって歴史に触れ、函館へ。函館では夜景を楽しみましょう(希望者のみ)。

宿泊するのは市内の温泉ホテル。ここでゆっくりのんびり〜、もいいですね。

<サイクリング 30〜40q>

【4日目】
この日の朝食はあえてツアーには含んでいません。ということで朝市に繰り出しましょう。その後は函館街なか散策ライドに繰り出します。函館を代表する建築物、函館ハリストス正教会や旧函館区公会堂、函館の定番ポイントの八幡坂などなど、巡るところは多数です。

途中、洋館を改装したカフェでお茶して、津軽海峡を一望できる立待岬を目指しましょう。

<サイクリング 15q>
150_P8024809.JPG150_P8034849.JPG
グレード 1〜 初心者・自転車に乗れる方から〜
≪登り≫
≪説明/ 休憩≫
≪ 乗車難易度≫
ない★☆☆☆☆ 多い
多い ★☆☆☆☆ 少ない    ※★の数が多いほど 経験者向けです。
手軽 ★☆☆☆☆ テクニカル
場所北海道 道南地方
集合函館空港 もしくはJR北海道新幹線・木古内駅
函館空港 7月13日(土) /7月26日(金) /8月1日(木)9:30
JR北海道新幹線・木古内駅 7月13日(土) /7月26日(金) 10:44

推奨アクセス
飛行機 JAL585 東京/羽田07:50⇒函館09:10
鉄道 新幹線 東京06:32⇒木古内10:44
解散7月16日(火) /7月29日(月) / 8月4日(日)15時 JR函館駅。
料金 7月13日(土)〜16日(火) 107,000円
7月26日(金)〜29日(月) 107,000円
8月1日(木)〜4日(日)   112,000円
料金に含まれるもの料金に含まれるもの:ガイド料、3泊、食事(朝2、夕1)、クロスバイク・ヘルメットレンタル代、保険、フェリー代(江差-奥尻往復)
料金に含まれない主なもの アクセス、上記以外の食事、飲み物
最小催行人数約6名
備考

このツアーは、スタッフ1名(丹羽)がガイド、サポートします。怪我、事故などが発生した場合には、その対応を第一として、ツアーの行程を変更しますことを、予めご了解ください
訪日外国人の参加もあり得ます。世界に誇る日本のサイクリングを、一緒に楽しみましょう。

*下見レポート
http://ncycling04.sblo.jp/article/184136101.html
お申込みキャンセル待ちはこちらから