ツアー詳細

7月14日(土)〜17日(火)北海道 ツール・ド・南十勝 牧場&味噌作り体験
0721_NWT_9401a.jpg

IMG_2924a.jpg

広大な北海道にあって、格別の広さを誇るのが十勝平野です。
中でも南十勝はゆるやかな起伏が続き、そこに畑や牧場が、これでもかとばかりに広がっています。
7月の十勝の、ジャガイモの花が咲く中や、牧草地を駆け抜けるサイクリングは、まさに夢見心地です。
今回のツアーは、サイクリングだけでなく、牧場訪問や味噌作りを盛り込んでいます。
牧場体験では、牛舎見学、放牧地散策、仔牛に哺乳、牛乳の試飲、搾乳、チーズの試食などを予定しています。


味噌作りで使用するのは、もちろん十勝産の大豆。造った味噌は現地で熟成させた後に、皆さまのところに宅配便でお届けします。
十勝をカラダいっぱいに感じながらサイクリングをしつつ、そこから生まれる食もしっかりと満喫しましょう。

1日のサイクリングの距離は50q程度を予定しています。

協力=一般社団法人シーニックバイウェイ支援センター
http://www.scenicbyway.jp/ 
コース概要






7/14(土)9;40 帯広空港集合
<推奨便>
ADO061 ANA4761 東京(羽田)06:55 - とかち帯広08:30
JAL573 東京(羽田) 07:40 - とかち帯広09:15

帯広空港から広大な十勝平野を走り出します。
宿泊は森の中の素敵なコテージにて、シェフのおススメコース料理を楽しみます。

7/15(日)
この日の午後は、牧場体験をします。
太平洋にほど近い温泉施設に宿泊します。

7/16(月)
太平洋に近い湖の周辺に広がる原生花園などに立ち寄りながら、牧場、畑を結んで走ります。
サイクリング終了後に十勝産の大豆を使って味噌作りをします。
宿泊はその近くのドミトリーです。
夕食は宿泊施設の近くの、ローカルな食堂(居酒屋?!)を予定しています。

7/17(火)
朝、解散。
豊頃駅からJR根室本線+バスで帯広空港に行くことができます。

【オプショナルツアー】
池田ワイン城などを見学し、帯広駅方面に向かいます。市内で美肌の湯で知られるモール温泉へ行き、解散します。
解散時間は15時頃を予定しています。
温泉から帯広駅までは送迎します。
帯広駅から帯広空港までは、バスが利用できます。

<オプショナルツアーの推奨便>
ADO068 ANA4768 とかち帯広19:10 - 東京(羽田)20:55
JAL576 とかち帯広20:10 - 東京(羽田)21:50
グレード 2 ビギナー〜
≪登り≫
≪説明/休憩≫
≪乗車難易 度≫
少ない ★★☆☆☆ 多い
多い   ★★☆☆☆ 少ない  ※★の数が多いほど経験者向 けです。
手軽  ★☆☆☆☆ テクニカル
場所北海道
集合場所帯広空港 
解散場所豊頃駅(オプショナルツアーは帯広市内) 
集合時間 9:40
料金95,000円
7/17(火)のオプショナルツアー:9,000円(サポート料、保険、レンタルバイク込)
料金に含まれるものサポート料、保険、宿泊:3、夕食:2、朝食:2、レンタルバイク(クロスバイク)、ヘルメット
最小催行人数約6名
レンタルツアー代に含まれます。
備考ランチは各自でお取りください。
3日目の夕食、4日目の朝食は含まれていません。

丹羽はサポートカーで皆さまをご案内します。
お申込みお申込み








10月13日(土)〜15日(月) 世界一の紅葉と温泉&こしひかりロードを走って新米でおなかいっぱいツアー
DSC_3408.jpg

DSC_3890.jpg

本州のもっとも分厚い部分がここです。

それだけ山深く、約50qに渡って1年を通じて暮らす人家さえないところです。それだけにブナの原生林が続き、その紅葉は世界一、宇宙一(!)といってもよいと思えます。静かな山里の民宿と温泉、山の料理もお楽しみに! 

山を越え、新潟県側の里に下りたら、そこは日本一の米どころを行く、こしひかりロード(勝手に命名)を走ります。ランチには新米が待っています。

鮭の遡上も見られるかも知れません。

グレード 3〜 脱ビギナー〜
≪登り≫
≪説明/ 休憩≫
≪ 乗車難易度≫
ない★★★☆☆ 多い
多い ★★☆☆☆ 少ない    ※★の数が多いほど 経験者向けです。
手軽 ★★☆☆☆ テクニカル
場所福島県南会津〜新潟県越後湯沢
集合場所会津鉄道 会津田島駅
集合時間10月13日(土) 11:00am
解散10月15日(月) 16:00pm JR上越新幹線 越後湯沢駅
料金 53,000円
料金に含まれるもの2泊、朝食2、夕食2、ガイド・サポート料、保険
最小催行人数約5名
定員約8名
レンタル ○ご用意できます。(3日間 ロードバイク10,500円 クロスバイク7,500円 )。
備考ランチはこちらでご用意するお店でお取りください。(各自負担)

アクセス例
07:00浅草<東武スカイツリーライン快速>10:40会津田島 
お申込み申込 ページへ



11月23日(金)〜25日(日) 熊野古道サイクル巡礼と本州最南端・潮岬へ
熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称で、2004年にユネスコの世界遺産に登録されています。1000年近い歴史のあるこの道の一部を自転車で巡りながら、熊野三山、そして春の黒潮の香りいっぱいの本州最南端・潮岬を目指しましょう。でも、本当に感動するのは、川の水の美しさなんですよね〜!
DSC_0264.JPG
NWT_3801.JPGDSC_9386.JPGIMG_6181.JPGDSC_0155.JPG

11月23日(金)
南紀白浜空港に集合し、紀伊半島の奥地を目指します。幹線道路をそれ、熊野古道(舗装路)を走り、熊野本宮大社方面に向かいます。
川にお湯が沸きだしている川湯温泉に泊まります。
(約65q)

11月24日(土)
朝イチで熊野本宮大社を詣でます。サッカー日本代表のエンブレムにも用いられている八咫烏(ヤタガラス:三本足のカラス)は、そこに祭られているものです。
その後、川沿いに三重県との県境の海辺の新宮を目指します。そこでは熊野三山のひとつ、熊野速玉大社を詣でたら、紀伊勝浦温泉でホッコリしましょう。
(約60q)

11月25日(日)
クルマ移動しながら那智の滝を目指し、さらに山奥へ。
海のイメージが強い南紀ですが、川の美しさはニワ的には日本屈指です。息を飲むほど美しい清流沿いの道を走って走ると、太平洋に飛び出します。
その後は本州最南端の潮岬を目指して半島を周回します。
解散は潮岬からほど近いJR串本駅です。
(約55q)

IMG_6224.JPGDSC_9834.JPGIMG_6380.JPG

グレード 3(脱 ビギナー) フラットな地形の場合、60q程度を走行します。
≪登り≫
≪説明/休憩≫
≪乗車難易 度≫
少ない ★★★☆☆ 多い
多い   ★★★☆☆ 少ない  ※★ の数が多いほど経験者向けです。
手軽  ★★★☆☆ テクニカル
場所和歌山県
集合日時11月23日(金) 09:00
集合場所南紀白浜空港
解散日時11月25日(日) 15:30
解散場所JR紀勢本線 串本駅
料金59,000円
料金に含まれるものガイド料、保険、宿泊2 朝食2 夕食2
最小催行人数約6名
レンタルご用意できます。(ヘルメット込 3日間)
クロスバイク 9,000円
ロードバイク 12,000円
備考

全員が乗車できるサポートカー付ですので、お手軽に楽しんで頂けます。
ランチはこちらでご用意するお店でお取りください。(各自負担)

お申込み 申込ページへ